大学生が逝く

世界一周+αの旅行記を綴っています。

おすすめB級グルメ~ハノイ旧市街編~

 


 思ったより長居したハノイももう終わりです。
 てつやさんに、おすすめおしえてー、と言われたのがきっかけでちょっとまとめてみます。ハノイの旧市街にいらっしゃる方がいれば参考までにどうぞ。



・フード


 『Countryside Restaurant』


 何を隠そう、最初にベトナム料理を食べた小洒落たお店。


 ちょっとお高そうに見えるけど今思えば非常にリーズナブル。


 ベトナムでは珍しく(?)盛りつけが綺麗です。凝ってます。


 お酒もお安いです。160,000VSD弱でビールと生春巻きとフォーが食べれます。


 もちろん他にもベトナム料理はありますので、露店はちょっと……でも現地のベトナム料理を食べたい!!、って人にはおすすめですね。



 『UMAYA』


 ベトナム初日に訪れたお店。日本風ラーメン屋です。日本人の方が作られたお店の様で日本風の豚骨ラーメンが食べられます。


 メニューのメインは日本語は当たり前、壁のお品書きも日本語、極めつけは従業員一同の、イラッシャイマセー。


 ここでは時差や国境なんてありません。もはや日本です。親日万歳。


 これで従業員の質も日本製とくれば、外国語に囲まれた生活に辟易した時、訪れてみてはいかかでしょう?きっと安らげると思います。


 ちなみに目の前の『Hanoi Party Backpacker Hostel』は激安です。ドミトリー(相部屋)に抵抗がなければ3ドルほどで泊まれます。シャワー兼トイレ、Wi-Fi、エアコン完備です。1階はBARですのでお酒も飲め、国際交流も可能です。



 『Xôi Yến』


 おこわ料理の人気店。ローカルの方で埋まることから評判の高さが窺い知れるお店です。


 メニューはベトナム語と英語表記です。ただ気をつけて頂きたいのが注文システム。


 ここで解説。


 Xoi Yenのメニューの頼み方は、まずメニュー1ページに記載されてるご飯を3種類の中から選びます。これで終わらしてはなりません!!


 これはおこわの土台を決めたに過ぎません。店員さんもいちいち教えてくれませんので注意して下さい。僕は1度目はおこわだけを食べました。十分美味しいですけどね(^ω^)


 次のページからトッピングを選びます。単品はもちろん、重ねがけもokです。これでやっと完成です。お好みのおこわ飯を作っちゃって下さい。


 ちなみにメニューには記載されていませんが、全部乗せ、というのも存在します。

 Everythig ok?

で通じます。実際に僕が挑戦して通じたので大丈夫です。全部乗せでも50,000VSDです。



 『Dac Kim』


 ベトナム料理の一角を担うブンチャーの老舗店。とりあえずブンチャー食うならここ、と一部で騒がれる程のお店です。


 留意点が1つ。


 真横のお店(写真左)もブンチャー店です!!僕みたいに勢いに負けて入らないように(Dac Kimを食べに来たのであれば)


 気になるお値段は60,000~100,000VSDです。ブンチャーは単品で60,000VSDです。


 ちなみにお隣は問答無用でブンチャーと揚げ春巻きが出て来て飲み物も含めると90,000~110,000VSDです。
 


 『Nhà Hàng Miến Lươn』


 ミエンルオンと呼ばれる うなぎ春雨 を取り扱っており、地元民でも溢れかえる人気店。


 メニューは壁に貼ってあるのみでした。ベトナム語と英語表記です。工夫して頼んでください(僕は写真でいけました)


 うなぎがカリカリして美味しいです。飲み物は室内に冷蔵庫があるので指差して頼みましょう。


 季節によっては店内は蒸し暑いのでその辺を考慮した服装をオススメします。


 気になるお値段は40,000~70,000VSDほどです。
 汁なしうなぎ春雨がメニュー1番左上(45,000VSD)
 汁ありうなぎ春雨がメニュー下段中央(40,000VSD)



 『Pho 10』


 一部では牛のフォー食べるならここ!!的な位置付けのお店。


 牛の湯通し(火通し?)具合を選べます。フォーのスープがめっちゃ美味しいです。


 気になるお値段は40,000~70,000VSDほどです。



 『Banh Mi25』


 こちらはバインミー専門の屋台の人気店。


Google Mapで検索すると2箇所でてくるかもしれませんが南側でレビューが多い方です。


 ここのバインミーは前評判通り美味しいです。パクチーの量を尋ねてくれるので調整できるのも嬉しいです。パクチーが駄目な人は、Noパクチー、で通じます。


 気になるお値段はこちら。


 ソフトドリンクも10,000VSDで頼めます。



 『Quán Kem Xôi Thu Nga』


 こちらは主にチェーというデザートを取り扱っている地元でも人気なお店です。


 夜の22時に行きましたが賑わっていました。 


 値段も観光プライスじゃないのが嬉しいですね。花壇の近くの席はおすすめできません。Gがウヨウヨです。


 地味にビールもお安いです。


 気になるお値段は10,000VSD~30,000VSDほどです。



・カフェ


 『Giảng Cafe』


 元祖エッグコーヒーと言われるお店。
 え?ここにあんの?というエッグコーヒー店の風習(?)もここから始まったのかもしれません。


 元祖エッグコーヒーが20,000VSDで飲めます。もちろん美味しいです。僕はここからエッグコーヒーにハマりました。



 『Cafe Tuan』


 元祖エッグコーヒーの近くのお店。可もなく不可もなくです。お値段的にも元祖をおすすめします。


 しかし、ここはコーヒー以外のドリンクも取り扱っているので何を飲むか決まってない人にはいいかもしれません。


 気になるお値段は40,000~50,000VSDほどです。



 『Phố Cổ』


 エッグコーヒーで評判且つホアンキエム湖を眺められるテラスが人気のお店。


 え?ここにあんの?となります。かばん屋の奥にありますので、迷ったら近くのベトナ民に尋ねましょう。


 ここのエッグコーヒーも美味しいです。


 気になるお値段は30,000~50,000VSDほどです。



 『The Note Coffee』


 隠れなき人気店。他のエッグコーヒー店の、え?ここにあんの?、とは一線を画しておりわかりやすいです。


 小洒落ており、女性も人気の様です。3階の部屋は壁にこれまで来店なさった方々の言葉が留めてあり、面白いです。


 エッグコーヒーの他にもケーキがあり、その中でオペラをいただきましたが美味しかったです。


 店員がとてもフレンドリーです。いいですね。


 気になるお値段はケーキ込みで70,000~90,000VSDほどです。



 『Cafe Đinh』


 エッグコーヒーの隠れた人気店だそうで、現地のガイドさんも案内するようなお店だそうです。その時点であんまり隠れてません。


 え?ここにあんの?という所にあります。こちらもかばん屋の奥、さらに階段を上がれば辿り着けます。


 ここもやはり美味しいです。ベトナム語onlyです。エッグコーヒーは上から2つ目なので指差して頼むといいでしょう。


 気になるお値段は17,000~30,000VSDほどです。



 『Cong Caphe』


 この看板が目印です。


 ベトナムで若者を中心に人気なお店。


 ちなみにチェーン店です。


 22時頃にも満席に近くなる辺り評判が伺えます。上で紹介した『Xôi Yến』の向かいにもあります。


 ヨーグルトコーヒーとココナッツコーヒーが特に人気だそうです。


 気になるお値段は40,000~60,000VSDほどです。



 『安南パーラー』


 日本にあっても不思議じゃないくらいお洒落なお店です。


 嬉しい日本語表記、衛生的、空調バッチシの三拍子揃ったお店です。


 コーヒー美味しいです。こちらのコーヒーは甘さ控えめな為、ベトナムの甘ったるいコーヒーが苦手な人でも気軽に飲むことができます。それと、ラスクもいただきましたが美味しかったです。


 気になるお値段は50,000~90,000VSDほどです。



 
 値段は投稿現在のお値段で参考額です。


 上記の店名をコピペしてMap等で検索すれば出て来ます。参考になれば幸いです。



ノシ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。