大学生が逝く

世界一周+αの旅行記を綴っています。

15日目~正直もうハノイはいいかな、なんて~



 どうも。無事目覚めることができた いそけん です。
 昨日寝る前にトイレに行ったあと、軽く痙攣みたいなのが起きた時は、あ、やばいやつ?とか思いました。破傷風じゃなきゃいいんですが……。



 本日は日本時間の10時前に起床。というのも昨日のバイクの駐輪のやりとりが不安で、念の為に8時までに出しておこうと思ったからです。バイクをホテル前に移動させます。


 部屋でまったりしつつ本日の予定をたてます。ホーチミン廟以外にぶっちゃけ行くとこありません。しかし、宿を1週間で取ってしまった為、ハノイ散策へ繰り出します。バイクにまたがり、昨日行けなかった大型スーパーマーケットへ。大きいです。


 店内をフラーっとします。目的のブツはありません。
 
 医療品のお店があったのでそこでガーゼとテープ、絆創膏を購入。
 天気が崩れそうなので早めに市内へ戻ります。


 市内へ戻り、バインミーを食べようとあらかじめ調べておいた店へ向いますが、場所がわかりません。ハノイ市内はワチャワチャしてます。
 とりあえずバイクを停めようと思いますが、よくよく考えたらどこに停めたらいいかわかりません。日本みたいな駐輪場、駐車場はもちろんありません。
 とりあえず市内をグルグル。お尻が痛くなってきました。
『giu xe』=バイク預り所らしいので探しますがベトナムのカオスな運転をかわしながらこの文字を探すのは難しいです。
 
 ホアンキエム湖の外縁に『P』の看板が。そこの人に、バイク停めたい、とボディランゲージするも断られます。
 仕方なく立ち去り、近くにいた力車のおっちゃんに駐車場を尋ねますが、先ほど断られた所を指差さします。
 どうなってるのかわからず、近くのコンビニに停車しググっていると、警備員のおっちゃんにバイクをどかす様に指示されます。
 警備員のおっちゃんに、駐輪場どこ?と尋ねるとやっぱり先ほど断られた所を指差します。
 普通にベトナ民はお金を払って停めているのがよく見えます。
 やっぱりそうですよねぇ、意を決してagainやっぱり断られます。
 管理人の1人に強気で、ほわい?と尋ねますが首をフルフルして立ち去られます。



 心の中でちょっと泣きたくなります。



 また市内をグルグル。バイクがいっぱい停まってる所に突っ込みます。そこでキョロキョロして停めたいアピール!!
 かかりました。ちょっとヤンキー入ってるべトニーが出てきます。身振り手振りで停めたいアピール。
 ok、18時までで20,000VSDね、願ったり叶ったりです。


 やっとお尻の痛みから解放されます。Cafeに行きましょう。


 近くに穴場の(?)カフェがあるそうで向います。またまたわかりにくいです。ここも知らないと辿り着けないでしょう。


 こんなとこでやってんのか?と思う通路と階段を抜けます。


 ありました。ホアンキエム湖を眺められるテラスが良かったですが埋まってました。
 仕方なく室内で。


 メニューがベトナム語オンリーなので何書いてるかわかりません。とりあえず1番上のを。
 店員はおばあちゃん1人でベトナム語しかわかりません。個別メニュー表などもなく、店内の壁にかかってるメニュー表のみなので、ちょっとハードル高いです。


 なんとか注文。コーヒーでした。甘くて美味しいです。


 しかし、僕はエッグコーヒーが飲みたいんや、ググります。Ca phe trungというそうです。しかしスペルは一部ちょっと違います。ベトナム語ってどうやって出すんでしょう?
 上の文字では伝わらず、壁のメニュー表を指差します。

 



 これで有名なハノイ市内のエッグコーヒー店は制覇したと思います。
 誰かと訪れることがあったら新規開拓もしてみたいものです。
  


 一旦宿に戻ります。携帯を充電している間に英会話帳を読み進めます。


 英会話帳を読み進めていると相部屋の男性に声をかけられます。
 カナダ人でした。バイクでホーチミンからハロン湾へ行き、それからハノイまで来た猛者です。
 英語を勉強していることを伝えると、洋画を英語の字幕で見ることを勧められます。

 今晩ご飯食べに行こうよ、という流れになりました。
 アジアの方以外とご飯に行くのは記憶の限りでは初めてです。


 バイクの駐輪場所を変えてからご飯へ。ジミー(カナダ人の名前)は部屋にいたイギリス人にも声をかけ3人で近くのビアホイ通りへ向かいます。
 
 適当な店に腰掛け各々頼みます。異国の土地で異国の方々と異国のご飯です。ひたすらリスニングです。写真撮ってる暇とかありません。
 2人の会話はちょいちょいしか聞き取れません。ジミーが気を利かして話を振ってくれます。噛み砕いてゆっくり喋ってくれるので非常に助かります。
 ジミー曰く英語はPracticeだそうです。拙い発音、文法でも復唱して理解しようとしてくれるのは非常に感動しました。
 心から英語が喋れるようになりたいと思います。
 
 この店ではみなビールを頼みませんでしたので、コンビニで買って湖のベンチで飲もう、という流れになります。
 ジミーが奢ってくれました。お世話かけます。
 ベンチで異文化交流です。イギリス人は現地の学生がアンケートを取りに来たのでそれに付き合い、その間ジミーと雑談。


 カナダの人気のフードを尋ねると、カナダは広くてヨーロッパから伝わった名産がたくさんあると言われます。
 特にメープルシロップが人気だそうです。他にもビーバーの尻尾の形をしたパンや、チーズなども人気だそうです。


 スポーツはアイスホッケーがずば抜けて人気で、次いでサッカーと野球が同じくらい人気だそうです。


 逆に日本のフードとスポーツを尋ねられると、フードはやはり寿司と答えます。ただ日本の米は本当に美味しく、日本で食べるお寿司が1番うまい寿司だと拙い英語で説明します。
 ちなみにスポーツは野球とサッカーと答えました。


 主にお互いの母国の食の話に花を咲かせました。もっとちゃんと教えてあげたいし、教わりたいです。
 イギリス人の方への長いアンケートが終わり、湖の外縁を周り宿に向います。


 外縁の途中ですごい人気のアイス屋さんがあったので立ち寄ります。看板に種類と値段が書いてますがベトナム語は3人ともわかりません。


 しかし、気がつけばジミーの手にはアイスクリームが……。
 
 僕は近くにいた英語が喋れる現地人にお金を渡し買ってもらいました。


 アイスを食べたら宿に戻ります。シャワーを浴び患部のガーゼを取り替えます。ひっついてました。


 個人的にホアンキエム湖は夜の景色の方が素敵だと感じました。
 ハノイはもう満足です。1週間も纏めて宿を取るもんじゃありませんね。


 
 ―本日の1枚―


 
 バイクと車がたくさん停まってる。
 『P』の看板がある。
 現地の人に尋ねるとここを指差します。


 月極かな?



ノシ


 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。