大学生が逝く

世界一周+αの旅行記を綴っています。

マレー半島縦断~ジョージタウン~

スマホを新しく購入し、SDカードの破損はとりあえず割り切った いそけん です。
復旧厳しいです。とりあえず残った写真で残り更新します。


2/9

ジョージタウン


“ ウソだ!!”


宿の壁に掛かってて思わず二度見しました。従業員はバリバリのマレー人です。
目が覚めました。


トリックアートを巡りつつ朝食へ。


朝にも関わらす大人気のここ『Toh Soon Cafe


常に満席で、僕は相席でした。メニューはこんなん。


東南アジアの例にもれず従業員の記憶力頼みの販売形式
アイスコーヒーとEgg on Toastを注文しましたが、僕が注文した従業員はコーヒーだけ持ってきてその後姿を消しました。


30分待ちましたが、来ず。
頑張って何度か声をかけて、ようやく持ってきてもらいました。客の回転も速く、ひっきりなしに注文が飛び交っているので、それに負けないようにアピールする必要があります。


追加でKaya Jamのトーストを頼みましたが、こちらはアピールの甲斐もあってか5分くらいで出てきました。


お店の評価としては微妙です。安くて美味しいですけど、待ち時間を考えるとそこまでですね。行くとしたら朝一がおすすめです。


朝食を食べてふらふら散歩していると……。
これはトリックアート、ではないですね。まあま上手い落書きですね。


それに比べて、どうしたドラえもん……。



黒すぎて顔立ちが写真じゃ伝わらない野良猫。


ここで一旦宿に戻って、鉄道の手配をしました。マレーシア国境の街『Padang Besar』からどこに行くか悩みましたが、タイの『Hua Hin』という街へ行くことにしました。


宿で乗車券をプリントアウトしてもらいました。ネカフェがあまり普及していない地域では地味にこのサービスは助かります。


KTMはアプリがごみくず使えないので、直接代理店へ。フェリーの発着所にあるそうです。


行ってみたところ、バタワースからパダンベサールの乗車券は駅で直接買って、という張り紙がドン!!と窓ガラスに貼ってありました。そういうことでは仕方ありません。


フェリーの発着所の前は大きなバスターミナルとなっており、せっかくなのでバスを利用してペナン島の中央に位置する山の観光に向かうことにしました。


待ち時間を含めて1時間半かけて観光名所の山、『Penang Hill』へ。見ての通り、まあまあ物々しいです。ここが山頂に上るケーブルカーの発着所になります。


山頂からの景色。


山頂は恋人の聖地みたいな場所もありました。


日本でも見受けられる南京錠。
国や人種が変わっても変わらないものってあるんですね(真理)



山の麓からUberを使って『Guney Drive Hawker Centre』へ。
『Guney Drive Hawker Centre』は店の名前じゃなくて露店大集合ゾーンです。


値段も安く、いろんな料理が食べられます。

例えばこんなん。指差しでok



ここで秀さんという日本人の方とお連れのマレー人の方と仲良くなって、マレー人の方からマレー料理(?)をいただきました。


青い米……(;゚д゚)(;゚д゚)ゴクリ……。
秀さんも初見の様で慄いてました。


意外と言うと失礼に当たるかもしれませんが美味しかったです。個人的には甘味料理ですね。Like a おはぎ


完全に日が落ちる前にUberで宿へ戻りました。マレーシアではUber便利です。
次はいよいよマレーシア出国です。



ノシ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。