大学生が逝く

世界一周+αの旅行記を綴っています。

7日目〜洗礼を浴びる〜

 


 どうも。昼寝をしたせいか寝つきが悪く6時まで目が冴えていた いそけん です。加えてルームメートのいびきが五月蝿いとあってはたまったもんじゃありません(´・∀・`)



 10時頃に誰かが部屋を尋ねて来ました。コンコン…コンコン…。ドアには暗証番号式のセキュリティがある為ノックをかましてきます。最初は無視しますが、ノック&ノックです。うるせえよ……。渋々応対します。
ドアを開けるといびきの五月蝿い人のベッドを指さし「His friend」類は友を呼ぶ……と。
そんなこともあり寝不足で1日の幕が上がりました。
 



 現在宿泊しているホテルは共用スペースに1台ノートパソコンが置いてあります。宿泊客は無料で自由に使用することが可能です。


 空いていたのでおっちん。ベトナムのビザの招聘状が無事届いたので印刷する必要があるのです。日本語変換サイトを駆使しGmailに無事ログイン。PDFをダウンロードし無事印刷する事ができました。ついでに飛行機のバウチャー的なものも印刷する事にしました。


 おっと、しかしここで急にコピー機の調子が悪くなります。出て来ません。ちょっと焦ります(^_^;)
PDFで無理でもスクリーンプリントしたWordなら!……無理でした。
 30分ほど格闘しましたけどお手上げです。機械はあまり強くありません。受付のチャイニーに声をかけます。"Help me"あとは"Print out"、肩をすくめる等を駆使し意を汲んでもらいます。
 ┐(´д`)┌ヤレヤレみたいな仕草をされた後、ノートパソコンの方にやってきてPDFを開き右上のプリンターのアイコンをクリックします。


  「ok?」


    あ、はい、知ってます。


    クリックしてコピー機の方に向かいます。しかし、コピー機は沈黙を保ったままです。
 これにはさすがのチャイニーも「おや…?」という雰囲気を醸し出して来ます。用紙切れでした。┐(´д`)┌ヤレヤレだぜ。


 クリック連打のせいでしょうか?同じ用紙が止めどなく出て来ます。さながら決壊したダムの様です。急いで中止をします。10枚位お亡くなりになられました。


 コピー機と戯れてる内に14時となりご飯の時間です。朝昼兼用で凌いでます。Google先生のご助力を得て、安くて美味しそうなお店を探します。香港では喫茶店とファミレスが合体したような飲食店が下々に人気とのことで探します。たくさんあります。ここでもGoogle先生のお力により店舗を絞る事が出来ました。Google先生万歳\(^o^)/


 割と近めにあります。散策をしつつ目指します。閉まってます。



 気を取り直して第二候補へ、こちらもさして離れてはおりません。時間の制約もないのでだいたいの方角でぷらぷらと目指します。
ホールインワンでした。


 店内はこんな感じ。15時頃だったので空いてました。


 香港では叉焼飯なるものが日本で言う牛丼の位置にあたり、愛されている料理だそうで食べてみたいと思います。
 また、長らく英国の統治を受けていたこともあって紅茶、特にミルクティーが美味しいそうです。
 どちらもそうお高い物でもなさそうなのでせっかくなので両方頼んでみようと思います。ミルクティーの表記は『女』に『及』と書く漢字が入っていたはずなのでそれっぽいものを探し、メニューを指差して叉焼飯と合わせて注文します。
 さきに飲み物からやってきます……。



 ド ン !!



 文字通り"読み"が外れた様です。これで22HKDします。


そのしばらく後、メインがやってきます。


 美味しそうです。いただきます。




 肉は美味しく、特に皮はパリッを通り越してバリッとしてて美味しいです。が、全ての肉片に骨が入っているのと、タレが少ない、何より米が美味しくない……。


 これと牛乳で64HKDか…。安いけど、うーん……(+_+)


 ここでお金を支払いお店を出た時にトラブルが、



 お 釣 り が 少 な い !!



 まじかよ、東南アジアでよく聞く話ですが、まぁベトナムぐらいからだろうと思ってましたよ、はい。
 レシート渡されてないし、10HKD未満で言語の通じないクレームのやり取りしてもなぁ……。という事で勉強代と思うことにします。


 宿に帰ると眠気が……。


気がついたら20時でした⊂( ˆoˆ )⊃
 とりあえず洗濯に行きます。洗濯している間に今晩の予定を立てます。近くに女人街なるものがあるそうでGoogle先生で下調べ。めっちゃ長いフリーマーケットみたいな認識でokです。


 洗濯乾燥を終わらせると早速向かいます。近いです。やはりこのappleホテル'sは立地いいですね。

 
 服、時計、鞄、玩具、装飾品。このあたりが多くを占めています。100円でTシャツ3枚買える店とかあります。コスプレもありました。中には好事家には嬉しいこんなお店も……。


 女人街をまたぐ道路ではインド人っぽい人たちがカレー屋のキャッチに勤しんでいます。
 女人街で足を止めると売り込みが始まるので歩きながら目だけ忙しなく動かし冷やかします。15分ほどで女人街を抜けました。
 女人街はフリマ以外にもその店舗裏の飲食店も賑わっているので今度は店舗裏を通り、晩御飯を探します。大衆中華を始め寿司屋、カレー屋、焼肉屋、色々あります。値段を吟味しつつ足を進めるとよさ気な店を発見。


 和風叉焼飯が32HKDだそうです。入店すると席はテーブルしかなく埋まっていたため相席となりました。
 注文票に書き込む形式でした。和風叉焼飯とミルクティーに再チャレンジです。それっぽいものを頼みます。
 ほどなくしてやってきました。


 美味しそうです。照り焼きみたいな感じは特に好みです。
 食べてみると美味しい、美味しい。朝に食べた叉焼飯は何だったのかってくらい美味しいです。勿論骨も入っていません。米も日本の米には劣りますが十分に美味しく、たっぷりかかったタレがご飯に合います。全体的によかったです。
 ちなみに飲み物はミルクメロンみたいなタピオカでした。ミルクティーへの道のりは遠いです。
 2点で47HKD、お釣りも誤魔化されず(めっちゃ意識しました)、朝の店に圧勝です。 


 ほくほく顔で宿に戻り、日記をつけるため携帯を手に取り1日を終えるのでした。



 ―今日の1枚―


昼に訪れた1軒目のお店にはこんな貼り紙がありました。


このストレートさ、嫌いじゃないです。



ノシ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。