大学生が逝く

世界一周+αの旅行記を綴っています。

3日目〜束の間の休息〜

 


 おはようございました。ドミトリーでもぼっちな いそけん です。
       2日目の記事は編集ミスで後ろに飛んじゃいました。



 早起きし次の宿の下調べを済ませ、一息入れた後チェックアウト。とりあえず散策も兼ねて東へと歩きます。上海に来て3日目にしてようやくお天道様を拝めました。

 


 これで2PM?だかなんだかの影響で曇が標準装備説は払拭されました。


 途中ご飯を確保する為スーパーやコンビニに立ち寄ります。何件か立ち寄るもおにぎりがありません。日本一周中もそうでしたが食事は基本的におにぎり×2とお茶。後は身体が求めるものを摂取。これでなんとかなります。4軒目のFamilyMartで確保。店内の飲食テーブルでいただきます。


 お腹を満たし東に向かう途中で鳥が屯していました。(おっ、上海にもおるやんけ……)と思いきや、でした。思わず二度見してしまいました。歩道の内側と言えど臭いがきつく驚きます。


 そこから少し進むと東に向かう路が行き止まりになったのでタクシーを使うことにしました。宿でタクシーの下調べもしていたこともあり、1番安心と言われてる会社のタクシーをキャッチ成功!
 目的地に向かうにあたり昨日の二の舞いを犯すまいとホテルの住所も翻訳済み。これなら行けるだろ、と意気揚々と乗り込むもまさかの運ちゃん自身なさ気……。えぇ……。地図も見せるやん、ほら?これ縮尺図、こっち拡大図、ね?

 しかし、しきりに電話するよう身振り手振りで促される。こっちも負けじと電話できんのや、と猛アピール。この結果、運ちゃん渋々出発。だ、大丈夫かいな…?

 世界のタクシーの車窓から〜窓の大衆(?)みたいな名前の水色のタクシーより〜


 なんとか無事辿り着けました。94元なり〜。しかし写真とはなんか違うぞ?入口の警備員に住所を見せる(どうでもいいことだけど上海に入ってから見かける警備員はどいつもこいつも態度がデカイです)と、何言ってるかわからないけどどうやら違うっぽい。大人しく退去して北に向かうと横の建物でした(^o^)
 写真通りだったので直ぐにわかりました。ちなみに初日と2日は分かりづらかったです。
 今日の宿はこちらー。


 入り口にいたお兄さんが笑顔で招いてくれました。予定より少し早めのチェックインでしたが無事完了。中での対応も良かったです。部屋は3階で世紀の発明家(?)がお出迎えしてすれました。


 1番乗りー!その為かベッドの場所も決めさせて貰えました。
 部屋はドミトリーだし特に問題もなさそうでしたが、シャワーが割とダイナミック。新しい世界が拓けそうですね(^ω^)


 部屋で荷を解き家計簿をつけたり、唯一持ってきた英語の会話帳を読み始めたりして時間を消化した後、散策へ。

 このあたりはあまり目に止まる物はありませんでした。道路でバイクをウィリーしながら猛スピードで駆け抜けて行ったチャイニーと回るチキンぐらいなもんでした。


 そう言えば、3日散策して気づいたことがあるんですが、上海の道路がすごく綺麗なことには失礼ながらも驚きました。日本よりはるかに綺麗です。吸殻もほとんどないし、そういう所は見習いたいですね。



 ー今日の1枚ー


 極悪の死刑囚ばかりが収監されてる刑務所に併設されてる公園があったらこんなんかな?

 
 こんなんかな?



ノシ
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。