大学生が逝く

世界一周+αの旅行記を綴っています。

初日〜初海外〜



 そうだ。旅に出よう!!


という訳で(勝手に)始まりました世界一周。
とりあえず結論から言わせていただくとだいぶ行き詰まって参りました…。


 6月24日、この日は緊張及び興奮のため睡眠時間は2時間程だった。天気はまあ晴れ。気分はわくわくさん。フライトは9時発。
おとん曰く「今はそんなはよいかんでええよとのことだったので、修学旅行(国内)でしか乗ったことがない僕は快諾した。

 7時にバス停に到着。既に複数名が旅行帰りの体でバスを待っていた。
ちなみにその複数名はみな中国人であった。
 待合中、その中の女性二人組が僕の服装のためか仲間と間違い声をかけてきたが、僕には勿論意味不明。とりあえず曖昧に笑うと「( ゚д゚)ハッ!」とした顔でこしょこしょ話を始めた。ちょっと切なかった…。
 そんなこんなで荷物をまとめているとバスがきてスムーズに関西国際空港へ出発した。


 空港に着くと早速informationへ、もちろん自分が乗る便がわからないからである。掲示板みたけどわからんかったんや…甘えやない…。ちゃんと見たんやで?

 informationのお姉さん方に助けられ自分の7番ゲートへ。自分がこの便に乗る旨を伝えるより前に係員が僕の顔を見た瞬間に名前をビタリ!!…ファンかな?
なんてことはなくあとチェックインを済ませていない日本人は僕だけとのこと、時間もギリギリだそうです。まじかよ…おとーん(おとーーーん)。


ま、まあ無事乗れたしok


久しぶり2回目のフライト。
とりあえず怖かった。僕の中では別名「空飛ぶ棺桶」

 横の人が飛行機飛ぶ前から吐いたり、後ろの人が終始くちゃくちゃガム噛んでたけどやっぱり高度上がっていく時は気持ちが上がった。その点は飛行機楽しかった。


 着陸後は入国審査へ。横のお兄さんに尋ねつつなんとか必要事項を書類に書き込みサクッとクリア!知り合ったお兄さんは友達が上海に住んでるそうです。へぇ~。
 お兄さんに別れを告げた後、両替を済ませ(勿論カモられました)、いざ上海市内へ!ちなみにタクシー乗り場を求めて30分ほど彷徨いました…。


 運ちゃんの運転荒いよぉ…。



 とりあえず「ON METER!!」言っときました。


 30分~1時間ほど揺られスクショで見せた住所付近についたみたいです。220元を払い、ぐっばい運ちゃん!残り40元。


 降ろされたのはお高そうなホテルの前。
「いやいや、これはない…」そこから警備員さんに聞き町人に尋ねたどり着いた先は…


     貿 易 商 \(^o^)/


 最初は中の人も「住所ここじゃね?」雰囲気を出してましたが窓口のお姉さんがマップで調べてくれました。感謝を述べ歩く、そして迷子へ…
 聞く人聞く人ほとんどばらばらで何回振り出しに戻ったことか…。それでもがんばりました。
 掃除婦のおばちゃんが地図を書いてくれたことにより事態は好転、ちなみにこの時点で飛行機到着から5時間以上が経過……。道路ややこしすぎる。あと普通に轢きにくるし…。
 ひぃひぃ言っていると、誰かが手をふってきた。


 おにいさーーーん!!with friends


すごい確率やと思う。お互い笑いました。
好転した状況が加速しクライマックスへ…。


 お兄さん方ほんと助かりました!!
 ありがとうございます!!



 そしてチェックインへ……。



 へ?デポジット100元



 チェックインの道程は遠いのであった……。



ノシ



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。